ジュニア体験ダイビング

8〜11歳までのお子様を対象とした体験スクーバダイビングです。 

コースの概要

Posted:2015年05月31日

ブセナテラス前の海で、お子様と一緒にダイビング 8歳から楽しめるジュニア体験ダイビング

カラフルな熱帯魚たちと遊んでみよう!

まずは足の届く水深で呼吸の練習をして、慣れてきたら潜水開始! 小さなお子様でも安心して沖縄ブセナ内のブセナ第2ビーチからエントリー!簡単に 水中世界を体験できるお子様向けコースです。最大水深2メートルなので泳ぎの苦手なお子様も安全に楽しくカラフルな熱帯魚溢れる沖縄の水中世界を体験して いただけます。最大水深は1.5〜2mです。

お父さんお母さんも一緒に楽しんでいただけることもできます。

コース詳細

Webコース料金
(税込み)

11,290円/1名様(ブセナ公示料金 11,880円)

所要時間 90分
開催時間 開催時間は潮の干満によって異なります。
ご希望の日でお問い合わせ下さい。
参加条件
  • 満8才から満12才まで
  • 健康体である
  • プールや海などで比較的水に慣れ親しんでいる

    ※開催当日、アイランドブリーズショップへ集合された際に参加される方には「申込書/参加同意書」を書いていただきますが、参加者が未成年の場合は参加同意署名欄へのご父兄によるご署名も必要となります。
    もし参加当日にご父兄がご同行なされない場合は、事前に下記URLから「申込書」をダウンロードしていただき、ご父兄の署名が記入された申込書をご持参下さるようお願いいたします。

    ジュニア体験ダイビング申込書ダウンロード
料金に含まれるもの
  • 講習料
  • フルセットレンタル器材一式
  • 保険
  • ガイド料
  • 施設使用料
  • 消費税
  • 遊ばせ上手なスタッフ

 

このページの先頭へ

トピック

Posted:2011年03月01日

良くある質問です。

「スキューバダイビングって何歳から出来るんですか??」

沖縄のあちこちで“ダイビング”というフレーズを見かけますが、特にお子様連れの方は気になる所でもあります。それもそのはず、ダイビングはしたいけど、子供だけ置いて自分だけダイビング!・・・というわけにはなかなかいかないと思います。(後からお子様に冷たい目で見られる可能性が高くなります。)

質問の答えですが、「ダイビングは10歳からですが、条件下のもとでは8歳からご参加出来ます。」
穏やかで流れもない安全な海況であれば、最大2Mまでの範囲内ですが、小学生もダイビング出来るのです。「えっ8歳からできるの?」と思った方も多いのではないでしょうか。

 今まで数多くのお子様たちにご参加い ただきました。潮位によっては大人の方は背が立つくらいにもなったりしますが、せっかくの沖縄で、お子様と一緒にダイビングとゆうのも全然アリです。ここ だけの話ですが、8歳のお子様の方がスイスイーっと水中に潜っていったりすることもあります。子供って意外なところで器用にセンスを発揮しますね。

また、お子様は浅瀬でJr体験ダイビング、自分たち大人はボートで体験ダイビングといったようなご参加でも、終わった後も冷たい目で見られる事も少なくなり、同じ水中での体験で会話も盛り上がること間違いなしです!

このページの先頭へ

コースの流れ

Posted:2011年03月01日
親子で楽しめるダイビング

■ ブリーフィング/準備

担当スタッフによる各器材の用途から使い方までの簡単な説明を 行った後にウエットスーツや器材のサイズ合わせなどをします。初めてのウエットスーツを着用する際には少し戸惑いがちでしたが、なかなか良く似合ってます。お父さんとの2ショットにはちょっと照れますね。

親子で参加出来るジュニアダイビング

■呼吸の練習

ビーチへ降り、足の着く波打ち際の水深で器材を装着します。実際に呼吸器を使って呼吸の練習です。最初は、マスクを着けているため鼻からの呼吸ができない事に 緊張を覚えたりしますが、さすが順応が早い子供達。あっと言う間に水に慣れてしまいます。

ブセナテラス前の海でジュニア体験ダイビン

■潜水開始

担当インストラクターと一緒に徐々に沖へ向かって水深を下げていきます。この時点で、もう子供達の目は興奮と興味が一杯の目で先を見つめています。

親子で参加出来るジュニア体験ダイビング

■移動

水底に張られたロープを伝いながらゆっくりと餌付けポイント まで移動していきます。すると、やがて魚達のお出迎えが待っています。

魚と遊ぶ

■ポイントでの餌付け

ポイントはこんな光景です。岩と岩の間には、イソギンチャクやクマノミの姿も見ることが出来ます。

初めての方でも8歳から参加出来るジュニア体験ダイビング 最後は水中記念撮影でポーズ。

このページの先頭へ