SUP(サップ)deシュノーケリング!

 

コースの概要

Posted:2015年06月03日

パドボスタンドアップパドルボード クルーズ&スノーケリング

シーナサーフの「SUP(サップ)deシュノーケリング!」は遊び方はいろいろ!クルージング・スノーケリング出来ちゃう!青の洞窟にも引けを取らないお魚の多さにシーナサーフのスタッフも驚くほど!

波がないから楽しめる!
沖縄の青い海をクルージングしながら満喫しましょう!

  • SUP(スタンドアップパドルボード)で、サーフィンを楽しむ経験者コース、およびSUP(スタンドアップパドルボード)のレンタルについてはご相談ください。

コース詳細

コース料金 SUP(サップ)deシュノーケリング! 
大人(13歳以上)  8,000円(税込8,640円) 
小人(5歳~12歳) 5,500円(税込5,940円) ※大人同乗
スタンダード・クルージング 小人 5900円(税込) *5歳~12歳まで
開催期間 年がら年中、波がなければ毎日開催 所要時間 約160分
開催時間 開催時間は季節によって異なりますので、こちらからご確認ください。
料金に含まれるもの
  • レンタル器材一式
    SUP(パドルボード)・リーシュコード・3mmウェットスーツ・ブーツ・ライフジャケット・スノーケリング3点セット・ラッシュガード
  • 講習およびガイド料
  • ショップ ⇔ ポイント間送迎
  • シャワー・トイレ・更衣室等の施設使用料
  • 消費税
  • 賠責保険料
参加条件
  • 5歳から参加可 (小人は大人同乗)
  • 心身共に健康な方。
  • 1名様より催行致します。   
  • 参加者が未成年の場合は、保護者の署名が必要です。
    参加当日に保護者が同行しない場合は、保護者の署名入りの同意書を参加当日にシーナサーフまでご持参下さい。
  • その他参加条件に関しましてはご相談下さい。

このページの先頭へ

コースの流れ

Posted:2011年02月28日
(SUP)スタンドアップパドルボード

ビーチへ着いたらまずは準備運動とボードへの乗り方パドルの漕ぎ方を練習します。

しっかりと説明を聞いた後いざ海へ!

沖縄SUPスタンドアップパドルボードで遊ぼう

陸トレが終了したらボードを持って入水開始!

まずは座って漕ぐ練習をします。

ここでしっかりとパドルの漕ぎ方を身につけましょう

スタンドアップパドルボードで沖縄を遊ぼう

漕ぎ方を覚えたらスタンドアップしてみましょう!

それから立った状態で漕ぎ方の練習をします。

沖縄スタンドアップパドルボードでクルーズ出発

インストラクターがOKと判断したらクルーズ開始です!

どこに行くかはその日の風向き次第。

インストラクターに続いて大海原へ!

スタンドアップパドルボード親子で沖縄クルージング

小さなお子様は大人の方と同乗することもできます

沖縄の簡易クルージングとシュノーケリング

綺麗な場所を見つけたらマスクをつけて水中観察してみましょう!

スタンドアップパドルボードでシュノーケリングも楽しめる

水中にはルリスズメダイやデバスズメダイ達がのどかに泳いでいます。

沖縄水鉄砲でも遊ぶ

時にはこんなおふざけも(笑)・・・

何をして遊ぶかも遊ばせ上手なインストラクターがその日の一番楽しめる遊びをご提案します!

沖縄スタンドアップでのんびりクルージングで遊ぼう

綺麗な海での海上散歩&海遊びはいかがでしたか??

ぜひ皆さんもスタンドアップパドルボードで沖縄の海を満喫して下さい!

   
 

 

このページの先頭へ

トピック

Posted:2011年02月28日

パドルボードきっと何かが見つかるはず♪

海岸線を車で走っている時や、朝少し早く目が覚めて海沿いを散歩した時にふとこう思った事はありませんか?

『あの水平線の向こうには何があるのだろう?』

僕も同じ衝動に駆られる事が良くあるのですが、ある日思い切って行ってみました。パドルボードで海へ出たんです!!照りつける日差し、ひたすら続く青い海。パドル握って漕いでこいでコイデ。。う~ん、、遠いなぁ(-"-;)

さすがに地平線の果てには辿り着けないと思い、ひと休みがてら水中メガネを付けて海中を覗くとなんとそこには竜宮城!。。の様な景色がずーっと広がっていました。

魚を見た後は大きな板の上に仰向けになって雲を眺めてみました。
広い海に囲まれてとても気持ちの良いまったりした気持ちの良い時間が流れて行きます。
水平線の果てには辿りつけませんでしたが心にグッとくるものは見つけられた気がしました。
どうですか皆さん?何かすんごい良さそうでしょ??

皆さんもパドルボードに乗って僕達と一緒に心にグッとくる“何か”を探しに行きませんか!?

このページの先頭へ